痛みの理由は毛根を破壊する時の熱

脱毛施術する人が増えていますが、施術時の痛みが嫌で途中でやめてしまった、という人もいます。レーザー脱毛や一般的な光脱毛は、黒いメラニンに反応し、毛穴の奥にある毛根を破壊したりダメージを与えて脱毛効果を得ます。毛根を光の熱で破壊する際に、その熱で痛みを感じるのです。また毛穴が熱で炎症を起こすことでも痛みを感じます。このような仕組みであるため、個人差はあるものの痛みが発生するのは仕方のないことです。また濃いムダ毛や筋肉の少ない場所、皮膚の薄い場所は痛みを感じやすいといえます。

痛くない脱毛マシンの開発

しかしながら、痛くない脱毛マシンが開発されています。一つはSSC脱毛です。美容効果のある専用ジェルを塗り、そこに光を当てて施術を行います。痛みが少なく施術時間が短いのが特徴です。またハイパースキン法は、今生えている毛ではなくこれから生えてくる発毛因子ににアプローチして脱毛する方法です。体幹温度は36~38度の光なので高熱ではありません。そのため冷たいジェルである必要がなく、冷たさも感じません。3~4週間に1回の施術が可能なところも特徴です。その他にも最新の脱毛方法としてSHR脱毛があります。毛包まで届く光を数回に分けて負担の少ない出力で当てます。成長期の毛以外にも反応するため、痛みがないのはもちろん、毛周期と関係なく自分の通いたいペースで通うことができ、最短6か月で脱毛を完了することが可能といわれています。

いかがでしたか。脱毛は痛いもの、と思い込んでいる人は脱毛方法をチェックしてみましょう。脱毛マシンは日々進化しているんですよ!

新宿の脱毛では、豊富なサロンの中から選べる点が魅力で、料金の手ごろさやアクセスのしやすさなど、自分の求めている条件をもとに選べます。