肌のしわが出来る原因と予防方法について

肌のしわは細胞の劣化によって張りが無くなり、常に弛んだ状態になっているのが特徴です。一度形成されると自然に消えることは殆ど無いので、毎日の暮らしの中でしわが形成されないように注意することが重要になります。肌のしわは加齢による新陳代謝の低下で表皮の細胞が新しく作られず、古い細胞がいつまでも残っているのが主な発生原因です。しかし、若い人でも病気や過度の刺激によって表皮にダメージが及ぶと深いしわが出来ることがあります。特に日焼けは紫外線による細胞の破壊が顕著なので、日焼けサロンなどで人為的に肌を褐色にする人は後年になってしわが出来るリスクが増大します。しわを防ぐためにはこまめに保湿などのスキンケアを行う他、無用な刺激を与えないように注意するのが効果的です。

しわを消す審美治療や自分で行うスキンケアの方法

形成されたしわを消すためには肌に張りを与えるのが最も手軽な方法です。エステサロンなどの店舗で行っているマッサージやスキンケア用の薬剤を塗布することで肌に潤いと艶が戻り、張りが生じることでしわが消えます。また、保湿性が向上したことで乾燥によるひびわれなどの不具合も起きなくなるので、見栄えの良い状態を保つことが出来ます。また、美容クリニックなどの医療機関で扱っているボトックスなどの薬剤注射はより長期的な美肌効果が得られます。その一方で審美治療によるしわ取りは効果が一時的なものなので、美肌を保つためには定期的に繰り返す必要があるので注意します。自分でスキンケアを行う際は市販の保湿剤などを使うのが普通ですが、かぶれや炎症などのトラブルを防ぐために必ず自分の肌質に適した製品を選ぶことが大切です。

しわは人間の体のあらゆる箇所に出来る生理現象で、健康に影響はありません。主に加齢によって皮膚から水分が失われ、張りが無くなる事で弛んだような状態になってゆきます。これが基本的な発生原理です。