何回も通院しなくてもセラミックの詰め物が可能

虫歯の治療をするとき、被せものをするときがあります。保険適用の効くタイプだともちろん白くはありません。銀色等なので、口をあければその部分が分かります。白い中に銀色の部分があるとあまりきれいには見えません。治療方法としてはセラミックを選べるので、値段は高いですがきれいに見せられます。ただ、一般的なセラミックの詰め物は治療に時間がかかります。そこでセレック治療をしてくれる歯科医院を利用するようにしてみましょう。通常セラミックの詰め物は、歯科技工士がセラミックの粉を盛って焼く工程が必要です。そのため型取りと取付けの2日は通院が必要です。セレック治療は機械でその場で詰め物が作れるので、その日に型取りも取り付けもできます。

歯がきれいになると印象が良くなる

人の顔の印象は、それぞれのパーツによって変わってきます。一見良く見える人でも、ある表情をすると一変するときがあります。それは話をするときです。男らしく見える男性やきれいな女性が、口をあけて話し始めた途端その印象が薄れてしまうときがあります。話をするとどうしても口の中が見え、歯の様子が分かります。歯はきれいなのが当たり前との印象があるので、歯並びが悪かったり、白くなかったりすると違和感を感じます。審美歯科を利用すると、いろいろな面から歯をきれいにしてもらえます。歯並びをよくしてもらう治療も受けられますし、色のついた歯を白くしてもらう治療もあります。行う前を知っている人からすると、かなり印象を良くできるかもしれません。

セレックとはコンピューター制御により歯の修復物を設計、制作するCAD、CADシステムのことをいいます。医療先進国であるドイツからやってきました。