エラが張っているあなた!ボトックスで小顔になれるかも!

顔が大きく見える理由は

小顔に憧れる人は多いですよね。顔が大きく見える理由には、骨格そのものが大きいこと、もしくはエラの筋肉が発達していること、この二つが挙げられます。もしあなたの顔が大きく見えるのがエラの筋肉が発達している場合であれば、ボトックス注射によって小顔になれる可能性があります。

エラ部分にある咬筋という筋肉にボトックスを注入することで、筋肉の働きを弱めます。筋肉が働かなくなると筋肉が収縮するので、その結果顔の輪郭がシャープになり小顔に見えるというわけです。鏡の前でグッと奥歯を噛みしめてみてください、噛みしめたときに耳の下にふくらみがでた人はボトックス注射が向いています。

徐々に効果があらわれる

ボトックス注射は注射を打つだけなので短時間施術です。メスを使用するわけではないので、ダウンタイムもほとんどありません。すぐに日常生活に戻れます。ボトックスの効き目は注射後数日であらわれるのですが、咬筋がすぐに小さくなるわけではありません。咬筋が小さくなるまでには2週間ほどかかり、徐々に効果があらわれてくるといえます。その後、個人差はありますが3~6か月ほど効果が持続します。効果が薄くなってくると、また噛むことで筋肉が発達してきます。小顔をキープするなら、効果が薄れてきたころに再度注射を打つのがおすすめです。何度か注射することで、持続効果が長くなっていくといわれています。ボトックス注射は何度行っても問題はありません。

いかがでしたか。もし顔が大きく見える理由がエラの筋肉の発達であれば、ボトックス注射で小顔に変身できますよ!

わきがや多汗症に効果的な治療の一つに、ボトックス注射があります。体質により効果に差異が生じるため、医師のカウンセリングを聴くことが大切です。