シミの原因、対策は紫外線対策がとっても大切です

シミの原因はほとんどが紫外線

シミは皮膚内で造られたメラニンが沈着することで出来ています。このメラニンの沈着で出来た日光黒子と言われるものが一般的にシミと言われています。肌は紫外線を受けると細胞を守るためにメラニンを造り、役目を終えると肌の新陳代謝と共に剥がれていくのですが、何らかの原因で新陳代謝のサイクルが乱れることでメラニン色素が沈着してしまいます。紫外線を長年浴び続けることで、肌がダメージを受けて再生能力が低下してしまい、メラニンを外に押し出す力が弱くなることでシミになってまうのです。この他にたばこやストレスも体内の活性酸素を増やしてメラニンを過剰に造る働きをします。また、不規則な生活や過労で血行が悪くなるとメラニンを押し出す力が弱くなりますから注意が必要です。

一年中紫外線対策をする事が大切です

最も紫外線が強くなる春から夏にかけて対策を行うことが大切ですが、紫外線は一年中降り注いでいますから、出来れば一年中対策を行うようにしましょう。日傘や帽子、長袖の服にサングラスを使用して肌に当たる紫外線を少なくします。紫外線をカットしてくれるクリームは年間を通して使用しましょう。また、スキンケアも大切です。乾燥肌は肌のバリア機能が低下してしまい、紫外線の影響を受けやすくなります。だからといって特別なことをするわけではありません。スキンケアの基本である、保湿効果高い基礎化粧品を使用して、ビタミンの配合されている物を使用するようにしましょう。洗顔するときもゴシゴシ擦らず優しく洗って下さい。

若い頃は肌を気にせず、何もしてこなかった人が多いかもしれません。年をとる度にどうしてもシミ、そばかすが肌に出てしまいます。でも、手遅れな事はないです。今、出来る事からで大丈夫です。